韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

ハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアの隠蔽工作が限界に達したことを示している。


日本の反日左派メディア、朝日新聞が作り出した慰安婦問題

「徴用工問題の虚偽」同様「慰安婦問題の嘘」もすべて日本発である。しかし、徴用工問題であろうが慰安婦問題であろうが、いずれも「嘘」という事実自体を知る韓国国民は珍しい。「反日種族主義」に覆われた韓国政府と韓国メディアがこれを隠すためだ。

しかし、最近のハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアのこのような隠蔽工作が限界に達したことを示す兆候だ。日本・米国学界の一群では早い時期から「強制連行説」と「性奴隷説」を中核とする慰安婦問題は虚偽だったという圧倒的合意が形成されている。

何を根拠に? どのような資料で? これまで韓国国民だけ知ることのなかった根拠と資料がようやく順次公開される。この度刊行された西岡力教授の『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

西岡力教授著『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

1.朝日新聞の「慰安婦報道」に対する独立検証委員会報告書

慰安婦問題は、実は日本の反日新聞である朝日新聞が企画した「92年1月強制連行プロパガンダ」によってもたらされたものである。朝日新聞は「加害者」(吉田清治)」、「被害者」(金学順)の経歴等を操作し、あたかも日本軍による慰安婦強制連行があったかの如く日韓両国民を洗脳してきた。
朝日新聞は約20年が過ぎた2014年にようやく、過去の自社による慰安婦報道問題を撤回し謝罪した。

しかし実はこのような認定、謝罪すらもう一つの操作であったのだ。西岡力教授をはじめとする日本の批判的知識人たちは独立検証委員会を組織し、朝日新聞の世紀をまたいだ操作報道問題を一つひとつ検証する報告書「朝日新聞の『慰安婦報道』の独立検証委員会報告書」を発表した。報告書は、日本語の原文でA4用紙120頁にも及ぶ膨大な分量である。

慰安婦問題百科事典ともいえるこの報告書を読んでも慰安婦問題の真実に気付かないとするならば、本当に知性と良心がない人だと言うより他ない。

最新の投稿


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!