最新号:「反省告白」籠池長男が語った驚愕の実態|小川榮太郎×籠池佳茂

最新号:「反省告白」籠池長男が語った驚愕の実態|小川榮太郎×籠池佳茂

小川榮太郎×籠池佳茂


籠池長男が反省告白独占スクープ 『両親は安倍総理夫妻に謝れ』小川榮太郎×籠池佳茂対談

話題沸騰中、『月刊Hanada2018年9月号』より、「籠池長男が反省告白独占スクープ 『両親は安倍総理夫妻に謝れ』小川榮太郎×籠池佳茂対談」をご紹介いたします。

なぜ籠池夫妻の態度は急変したのか

昨年来、メディアが問題視してきた「森友学園問題」、騒動の「残された謎」であった、籠池夫妻の態度の急変。なぜ「安倍総理を敬愛している」とまで言っていた夫妻が、政権批判に転じたのか――。籠池家長男・佳茂氏が、渦中で起きていた驚くべき事実を明かした。


籠池 両親の態度の急変については、ひとえに私と両親の判断ミスが引き起こしたことです。順を追って詳しくお話したいと思いますが、メディアスクラムの渦から逃れたくて選んだ選択肢が、ことごとく誤った方向に行ってしまった。地方の一幼稚園では対処しきれず、逃れられない泥沼に呑み込まれてしまいました。


その泥沼に足を踏み入れる契機となったのが、昨年3月10日、塚本幼稚園内で行われたメディア向けの記者会見だった。


小川 そこでのちに「籠池夫妻のメディア対応の窓口」となる著述家の菅野完氏と対面することになった。


籠池 はい。彼も会見に出ており、質疑応答で挙手したのです。


編集部 前理事長が「あんたが菅野さんか」と言ったあの場面ですね。


籠池 今考えれば、これが大きな運命の分かれ道になりました。

昨年当時、テレビでも報じられたこの場面をご記憶の方も多いだろう。この時点でメディアの報道は森友学園・塚本幼稚園の教育内容を中心に、過熱を極めていた。細かく振り返ってみると、日の丸を掲げての会見後の、籠池夫妻の態度「急変」、稲田朋美防衛大臣告発動画の公開、野党議員を自宅に招いての会談、「昭恵さんから100万円もらった」発言まではわずか1週間弱の間に起きたことだ。

対談では、この間の出来事を、時系列に沿って丹念に追っている。

「もう後戻りできない」

はじめに「後戻りできない」状況をつくったのは、籠池前理事長が菅野氏とともに「稲田朋美大臣は森友学園の顧問弁護士だった」との事実を明かした告発動画が昨年3月13日、ウェブ上で公開されたことだった。


対談内でも明らかになっている通り、この動画が撮影された3月12日は本誌編集部員が籠池宅で長時間にわたり取材を行っていた日でもある。そこへ佳茂氏が菅野氏を伴ってやってきたのだ。


編集部 取材が始まって6時間近く経った頃、佳茂さんが菅野氏を連れて入ってきたので驚いたのです。その際は押し問答になり、前理事長は菅野氏に「あんたやりすぎや。恨んでるで」と言い、諄子氏は「あんたに苦しめられて……」と言っていた。


つまり、籠池夫妻は、それまでに幼稚園や保育園に関する虐待などの批判的な報道について、菅野氏が関与していたことを知っていたのである。


「菅野氏が来た時、あらかたの話は聞き終わり、幼稚園に寄せられていた全国からのメールに目を通しているところでした。応援メッセージが多数でしたが、中には襲撃予告めいた脅しの文言もあったため、ご夫妻と『こういうものは警察に通報しておいた方がいいかもしれないですよ』などと話していた時に、佳茂氏と菅野氏がやってきたんです。


驚きました。弊誌の取材中も菅野氏の話題は出ていて、当然ですが否定的なことを言っていたため、いくら長男が連れてきたからといって、まさか彼の話に乗ってしまうとは思いもしませんでした」


だが、その「まさか」が起こる。

森友問題の本質―安倍政権潰しと、愛国幼稚園・保守系小学校潰し

菅野氏の3時間にわたる説得を受けた籠池夫妻は動画の収録を終えてしまう。そして翌朝、この動画が公開されると、それまでは少なくとも教育内容について支持していた保守派の多くが離反。その2日後の野党会談と「100万円発言」がダメ押しとなった。


以降、どのようにして籠池一家が「反政権勢力による囲い込み」を経験したか、メディアスクラムに巻き込まれたか、そしてその状態から、菅野氏を両親に合わせた張本人である佳茂氏が「両親は安倍総理夫妻に謝れ」というまでになったのかは、ぜひ雑誌でお読みいただきたい。


小川 (森友学園騒動は)1年あまりの狂騒曲でしたが、事の本質は、安倍政権潰しと愛国幼稚園、保守系小学校潰し、そして左翼活動家が、マスコミと野党、民団、左派弁護士らと組んで内側から保守を解体しようとする驚くべき組織戦です。


こんな些細な事件で国会と政権を氷漬けにし、籠池氏を籠絡し、洗脳的な情報組織戦に利用していたことになる。


籠池が全部悪かったんだ──保守派は、こうした単純な籠池悪玉論に乗ってこの事件を片付けては、決してなりません。


対談により明らかになった実態に、小川氏はこう嘆息している。

著者略歴

小川榮太郎

https://hanada-plus.jp/articles/208

文藝評論家、社団法人日本平和学研究所理事長。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修了。第18回正論新風賞を受賞。主な著書に『約束の日―安倍晋三試論』(幻冬舎)、『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)など。公式サイト→http://ogawaeitaro.com

著者略歴

籠池佳茂

https://hanada-plus.jp/articles/276"

1980年、大阪府出身。99年、大阪工業大学高等学校(現 常翔学園)ラグビー全国大会準優勝。2004年、立命館大学経営学部卒。山谷えり子事務所選挙スタッフ、UAゼンセン同盟本部職員、東日本ハウス創業者中村功会長付トップセールスマンなどを経て、籠池商事株式会社代表取締役。

関連する投稿


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

命令権の発動なしにここまで達成したのは、日本でなければできない立派なことだ。ただウイルスとの闘いはこれからも恐らく長く続くだろう。第2波、第3波の襲来を現体制で乗り切れるのか。わが国の危機対応体制はこのままでよいのか。


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

日本は世界の主要国に比べて死亡率が極めて低い。にもかかわらず、日本国民の日本政府への評価が低いのはなぜなのか。ひとつの理由が、常識的な安倍政権のリスク管理をワイドショーがヒステリックに罵倒し、情報弱者をミスリードしたことにある――。新型コロナをめぐる日本政府の一連の対応を、データとロジックで読み解く!日本モデルは成功したのか、それとも――。


「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ

「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ

「10年前の今日(5月6日)、娘が誘拐された――。2歳だった娘は、いまや中学生である」。突然、愛するわが子を奪われた父親(A氏)。彼の身に、いったい、なにが起きたのか。その背後には、連れ去り勝ち、虚偽のDVなど「実子誘拐」の方法を指南する人権派弁護士らの暗躍があった――。愛する娘を奪われた父親が、魂の告発!日本で日常的に行われている「実子誘拐ビジネス」の闇に迫る!


最新の投稿


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


今日もねこびより|花田紀凱

今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。記念すべき第1回は「気が強いリスベット」。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となります。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。