独裁者って誰のこと?――古賀茂明×望月衣塑子『THE 独裁者』|編集部

独裁者って誰のこと?――古賀茂明×望月衣塑子『THE 独裁者』|編集部

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。そんな本をご紹介するこのシリーズ。2冊目は古賀茂明×望月衣塑子『THE 独裁者 国難を呼ぶ男! 安倍晋三』(KKベストセラーズ)。


編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」 『 THE 独裁者』

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。そんな本をご紹介するこのシリーズ。2冊目は古賀茂明×望月衣塑子『THE 独裁者 国難を呼ぶ男! 安倍晋三』(KKベストセラーズ)。

「いわば、金正恩と戦っているようなものです」

望月記者の本が続いてしまいますが、それもそのはず。今、リベラル本業界(?)で望月記者は引っ張りだこ。本連載も「望月本 ずぼら書評」に変えてもしばらく続けられるくらいで、今後も頻繁に彼女の名前が登場することになりそうです。


今回のお相手は、「I am not ABE」で文字通りお茶の間を震撼させた、テレビ史に燦然と輝くあの事件でおなじみの、元経産官僚・古賀茂明氏。


おおっと思わせる対談の組み合わせの妙に、つい手が伸びてしまいます。しかも「THE独裁者」ときて「国難を呼ぶ男!」! 石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」を彷彿するこの副題、いやがおうにも興味をそそられます。


安倍政権批判の言説における「安倍総理=独裁者」表現は珍しいことではありませんが、現役記者の本のタイトルとなると話は別です。


「安倍一強とメディア操作」という項では、こんな話になっています。


古賀 (安倍政権は)単にメディアを抑えたということだけでなく、メディア側が「安倍政権というのは尋常じゃない」という感覚を持ったということが、大きく影響しています。


望月 尋常じゃないというのは、どういうことですか。


古賀 いわば、金正恩と戦っているようなものです。これまでの政権では、まさかそこまで言ってこないだろうとか、社長に怒鳴り込むようなことはないだろうというふうに、一定の節度というものがありました。しかし、安倍政権というのは、メディアを本当に潰しに来るかもしれないと思わせた。しかも、個人を潰しに来るので怖いですよ(220ページ)〉


もし安倍総理が金正恩と同レベルの独裁者だったら、古賀さんはもうこの世に存在していないのでは……。北朝鮮で「I am not Kim」とやったらどうなるかは、火を見るより明らかでしょう。


もちろん、安倍政権に批判的であっても、それが事実に基づいていればいいわけですが、「独裁者である」という批判はあまりに現実離れしています。支持率が時に30%台に落ち込む独裁者とは一体……。


何より、安易な表現は「独裁」というものの矮小化にもつながります。「金正恩と戦っているようなもの」というのも、本当の独裁者の下での人権抑圧体制で生きてきた人からは、一緒にするなと言われてしまいそうです。

ホンマモンの独裁者にはダンマリ?

そして不思議なことに、ホンマモンの独裁者が2017年に連発していたミサイルについての非難はまったくありません。「北朝鮮とJアラート」という項もあるのですが、こんなやり取りが。


望月 安倍政権に反対している人たちが、たとえば、加計問題などで旗色が悪くなっていたのに支持率が回復したのは、北朝鮮がミサイルを撃ってきたおかげと、皮肉っています。(後略)


古賀 北朝鮮と連動している、裏でつながっている、という話ですね(笑)。そんなことは絶対にないけれど、でも、安倍政権の命綱になっていることは確かです(後略)(231ページ)


この部分はもちろん(笑)つきの冗談ですが、問題はこの後。ミサイルを撃つ北朝鮮に触れることなく、危機を煽る政権とメディアが悪いといわんばかりの(というか、もうほとんどそう言っているも同然の)望月さん1人の発言で終わっています。


米朝会談後の北朝鮮が開放政策に向かうか否かはわかりませんが、独裁者が君臨する人権抑圧国家であるうちに、一度お2人は北朝鮮留学をしてみてはいかがでしょうか。ホンマモンの「THE独裁者」をぜひご体験ください。

【本書の「気になるポイント」】

対米関係などではなるほどと思うところも。ただ気になるのは、中身もさることながら、ところどころに筆者2人のポートレートが掲載されている点。しかも対談時の写真だけではなく、取材中らしき望月記者や、リュックを背負ってなぜかはにかんだ笑顔の古賀さんなど。誰トク?

月刊Hanada2018年8月号』、6月26日発売。お楽しみに!

関連する投稿


【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

いま世界中あらゆる場面で使用されているドローン。ところが、その市場シェアの8割が中国製であることはあまり知られていない。中国に蓄積され続ける空撮データ、“丸裸”にされる日本の国土、このままでは近い将来、人民解放軍のドローン攻撃に晒される日が確実に来る――。報じられない中国ドローン侵略の実態を緊急レポート。


岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


偏向メディアが愛する「表現の自由」|山岡鉄秀|日本エア野党の会

偏向メディアが愛する「表現の自由」|山岡鉄秀|日本エア野党の会

【WEB限定配信!】月刊『Hanada』の大人気連載「日本エア野党の会」より、緊急レポートが到着!あいちトリエンナーレ、日墺友好150周年記念事業「Japan Unlimited」など、「表現の自由」を巡る議論が盛んに行われているが、そもそもこの問題は「表現の自由」の問題なのだろうか。「表現の自由」を人質に取った日本国へのヘイトではないのか――問題の核心に、山岡鉄秀会長が迫る!


이우연(李宇衍)

이우연(李宇衍)

낙성대경제연구소 소속. 경제학 박사. 1966년 전남 광주 출생. 성균관대학교 대학원 경제학과에서 경제학 박사 학위를 취득. 미국 하버드 대학 Visiting Fellow, 서울대학교 경제학과 강사 등을 거쳤다. 전공은 한국 경제사로서 ‘전시기 일본에 노무동원된 조선인 광부(석탄, 금속)의 임금과 민족간의 격차’ 등의 논문 발표를 하는 등 전시의 이른바 징용공 문제에 대해 연구해왔다. 공저인 ‘반일종족주의’가 한국에서 베스트셀러가 되었다.


最新の投稿


中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

史実を殺す過剰な演出、故人を一方的に批判し断罪、結論ありきの構成。「NHKスペシャル 731部隊の真実~エリート医学者と人体実験」はあまりにも問題が多すぎる。NHKは膨大な予算(受信料)をかけて「中国を喜ばせるプロパガンダ番組」を制作しているのではないか。


月刊『Hanada』2020年3月春雷号

月刊『Hanada』2020年3月春雷号

「はい、終わり。日本は終わりです」の「山本太郎」、野党連合政権を目指す「共産党」、逃げ恥「ゴーン」、韓国最大の反日組織「VANK」、皇室を歪める「内閣法制局」、野党の「軍事音痴」、暴飲暴食が止まらない「金正恩」、無能の帝王「習近平」、主権を守った「台湾」、「除染詐欺」の広告塔「森ゆうこ」、反日種族主義代表幹事(?)の「青木理」など、3月号も話題の記事が満載!「なんでも反対」の野党やメディアに代わって、重要課題を提起!読みたい記事が、ここにはある!


「桜を見る会」をめぐる“集団リンチ”野党合同ヒアリング|坂井広志

「桜を見る会」をめぐる“集団リンチ”野党合同ヒアリング|坂井広志

年が明けても、サクラ、サクラ、サクラ。そんな野党に対して、「桜はもう散った。早くこの問題から次の建設的な議論に移していかないといけない」と苦言を呈した二階幹事長。多くの国民もそう思っているのではないだろうか。野党の「おもちゃ」になっている「野党合同ヒアリング」とはいったいなんなのか。官僚を吊るし上げる「愚劣な政治ショー」の核心に迫る!


【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

いま世界中あらゆる場面で使用されているドローン。ところが、その市場シェアの8割が中国製であることはあまり知られていない。中国に蓄積され続ける空撮データ、“丸裸”にされる日本の国土、このままでは近い将来、人民解放軍のドローン攻撃に晒される日が確実に来る――。報じられない中国ドローン侵略の実態を緊急レポート。


岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。