トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

昨日「Yahoo!ニュース個人」で公開した記事が、まさかの非公開に…。というわけで、編集長が記した「幻の記事」を特別公開!この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。あたかも大罪のようにトバク、トバクと非難する正義面した芸能人に物申す!


Getty logo

トバク、トバクと喧しい。
テレビではコメンテーターや芸能人が、正義面して「トバクは許せない!」。

サラリーマンや芸能界でマージャンをやってる奴で、一銭も賭けないでやってる奴なんているのか。
しかも1000点100円だったというではないか。特に高いレートでもない。検事長が1000点100円、可愛いもんじゃないか。芸能界なんて、その何十倍だろう。
 
ぼくも中学時代の仲間と月に1回くらいマージャンをやっていた(最近はとんとご無沙汰だが)が1000点100円だった。雀荘で休日の昼過ぎから始めて、夜の9時頃までで半チャン7~8回、ツキがなくて大負けしてせいぜい2万円くらい。
 
その後、ラーメン屋か焼肉屋で夕食。その食事代はその日、勝った奴が払うルールだったから、勝った奴も時に赤字になってボヤいていたものだ。気の合った仲間と、下らぬ冗談を飛ばしながらやるマージャンくらい楽しいものはない(いや、楽しいことは他にもたくさんあります)。
 
黒川検事長と記者たちも、月に1~2回やっていたというから、その程度のマージャンだったのだろう。新聞記者たちにはそれなりの思惑もあったかも知れないが、黒川検事長にとっては楽しい息抜きだったに違いない。
 
それは、たしかに自粛、自粛のこの時期にやらない方がよかった。しかし、それをあたかも大罪のようにトバク、トバクと非難する連中の正義面が、イヤだ。
 
ぼくが、マージャンをやり始めたのは大学時代。
先ほど書いた中学時代の仲間で、高校時代に始めていたチョイ悪の同級生がいて、彼が指南役で、毎週、わが家に12~13人集って大会を開いていた。雀卓は3卓。
 
むろん賭けはしない。
 
大きな模造紙に一覧表をつくって壁に貼り、1ヵ月ごとに集計しては優勝とか準優勝とかやっていたのだから、たわいないと言えばたわいない。
 
しかし、楽しかった。
 
その仲間たちと、何十年もやってきたわけだ。
 
つくづく思うが、マージャンくらい面白いゲームはない。
50年やってきて一度も飽きたことがない。しかもお喋りが楽しい。ポーカーも面白いが、相手の顔色を伺ってばかりで、お喋りははずまない。
 
長い間にはぼくらが開発したルールもある。
ひとつは「盗塁」。
時にリーチをかけた捨て牌で他のメンバーに当てられることがある。これが「盗塁」で1翻つける。
張切って「リーチ!」と宣言したとたんに「盗塁!」。これは萎えます。
 
もうひとつは「2塁打」「3塁打」。 
捨て牌で上がられると、ふつうは上家が取るのがルールだが、他のメンバーが同時に上りとなったら、そのメンバーにも払う。2人なら「2塁打」、3人当たれば「3塁打」。
ま、「3塁打」は滅多にないが、これは当られた方はこたえた。
 
長い麻雀人生、朝日新聞社で『uno!』という女性誌をやっていた時には、読者を募って「西原理恵子杯争奪麻雀大会」というのを開いたこともある。会場は深夜の八芳園宴会場。
むろん賭けはナシ。

もう何度も書いたから略すが、作家藤原審爾さんの自宅応接室で、かの阿佐田哲也さんと卓を囲んだのも自慢のひとつだ。むろん勝てるハズもありませんでしたが。
 
繰り返す。トバク、トバクと正義漢面するな!

花田紀凱

https://hanada-plus.jp/articles/183

月刊『Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より現職。

関連する投稿


石破茂は次の時代にはいらない|花田紀凱

石破茂は次の時代にはいらない|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第60回


枝野・玉木に選択肢なし|花田紀凱

枝野・玉木に選択肢なし|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第59回


まれに見るほど図々しい文在寅 |花田紀凱

まれに見るほど図々しい文在寅 |花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第58回


恥を知らない文在寅|花田紀凱

恥を知らない文在寅|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第57回


「イッテQ」はやっぱりやらせだ|花田紀凱

「イッテQ」はやっぱりやらせだ|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第56回


最新の投稿


自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The shameful identity of "the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan"is now revealing itself through the disgraceful infighting between Ms. Lee Yong-soo, a self-proclaimed former comfort woman, and Ms. Yoon Mi-hyang, the former representative of the Council.


私の映画遍歴|秋山登

私の映画遍歴|秋山登

本誌で毎号映画レビューを連載していただいている、映画評論家の秋山登さん。新型コロナウィルスの影響で映画館は閉鎖、試写会もめっきり減ってしまい、新作レビューができないので、今回は『Hanada』プラスで秋山さんにご自身の映画遍歴を語っていただきました!


“足立議員のいう「辻元清美の疑惑」はすべてデマ”こそ悪質なデマ|足立康史

“足立議員のいう「辻元清美の疑惑」はすべてデマ”こそ悪質なデマ|足立康史

隣の選挙区=大阪10区の辻元清美議員は、そのHPの「デマについて」に、「足立議員のいう「辻元清美の疑惑」は全てデマ」というデマを掲載しています。しかし、この辻元氏の説明こそデマなのです!!!


ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

話題のボルトン回顧録で明らかとなった米朝交渉の実態と日本への警鐘