【今週のサンモニ】「テレビの沈黙」が性加害を生んだ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】「テレビの沈黙」が性加害を生んだ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週はジャニーズ性加害問題。


「性加害を止められなかった背景」にある「テレビの沈黙」

今週の『サンデーモーニング』は、ジャニーズ事務所の会見をトップで報じました。非常に興味深かったのは、この期に及んでも、まだメディアの隠蔽の責任を逃れようとしている番組の演出でした。

アナウンサー:性加害問題の発覚後、はじめて記者会見に臨んだジャニーズ事務所。東山紀之氏の社長就任などが発表されましたが、被害者の救済など重い課題が横たわっています。
国内外のメディアが注目する中、初めて公の場に姿を現した藤島ジュリー景子氏。性加害問題の責任を取る形で社長を辞任。被害者への補償、事務所の出直しを担う新たなトップに東山紀之氏の就任が発表されました。半世紀以上にわたって続いたと見られる性加害。止められなかった背景について東山氏は…

東山紀之社長(VTR):今となっては恥じておりますが、エンターテイメントの世界でそういった絶対的な存在がいますと、やはり下の者たちはそれを信じて行動していかなければならない状況下にある。それが被害の拡大を生んだのではないかと考えています。

アナウンサー:現在ジャニーズジュニアの育成を統括している井ノ原快彦氏は…

井ノ原快彦氏(VTR):回りも皆仲間たちも「そうなのかな」というような噂はしていた。なんだか得体のしれない、触れてはいけない空気というのはあった。

「性加害問題の発覚」というのは、実は60年近くも前の1965年に産経新聞社『週刊サンケイ』が報じた「ジャニーズ売り出しのかげに」という記事でした。この記事以来、2023年4月までテレビはジャニー喜多川氏の性加害の事実を隠蔽してきました。

番組が疑問を呈している「半世紀以上にわたって続いたと見られる性加害を止められなかった背景」にあるのは、「マスメディアの沈黙」ではなく「テレビの沈黙」に他なりません。雑誌はもとより新聞ですら最高裁による性加害認定を報じていました。

しかしながら、世界一テレビ報道を信頼してきた日本国民は、テレビが報じないために、雑誌と新聞の報道を認知しながらも都市伝説化してしまったのです。

関連する投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】さようなら、関口宏さん!|藤原かずえ

【今週のサンモニ】さようなら、関口宏さん!|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】怒りを煽りながら禅問答を繰り返す|藤原かずえ

【今週のサンモニ】怒りを煽りながら禅問答を繰り返す|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】思考停止に繰り返される「多様性・反戦アピール」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】思考停止に繰り返される「多様性・反戦アピール」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


最新の投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。