中国は安全保障上の脅威|岩田清文

中国は安全保障上の脅威|岩田清文

中国に対して「懸念」という段階は過ぎている!米国防総省は9月1日の中国軍事力に関する報告書において、中国海軍の艦艇数は既に米海軍を凌駕したと述べた。このまま米中の軍事バランスが中国有利に推移していけば、中国による尖閣領有の既成事実化は間違いなく阻止できなくなる。


「中華民族の偉大な復興」を掲げ覇権の拡大を続ける中国は、西太平洋において海空統合演習を繰り返し、将来的に米軍をこの地域から追い出そうとしている。中国が保有するとされる2000発近い中距離弾道・巡航ミサイルは、沖縄からグアムまでを射程に収め、対抗手段としては、米国の戦略核を主体とする核抑止力に頼る他ないのが現状である。加えて中国の最新の極超音速滑空兵器DF17を迎撃できる装備は日米ともに保有しない。

宇宙領域においても中国の軍拡は急速に進展している。中国のキラー衛星は、日本はもちろん米国の人工衛星を破壊できる能力を持つ。仮に攻撃されれば、日常使用している全地球測位システム(GPS)などの衛星通信や、自衛隊、米軍の指揮・通信・情報収集が阻害され、防衛行動さえ取れなくなる恐れがある。米国の対中脅威認識は今や最高度に達している。

北京が描く尖閣奪取シナリオ

Getty logo

Getty logo

中国は、国際裁定を無視して南シナ海の諸島を力により支配しているが、この強引な姿勢は尖閣諸島でも貫かれると見るべきである。中国は日本の実効支配を徐々に崩していく中で、尖閣領有を既成事実化し、偶発事態になれば、日本に先に軍事行動を取らせることにより、自らの軍事行動を正当化する考えであろう。

あるいは米国の介入がないと計算した場合、まず中国漁民の遭難等による上陸、その漁民保護のための海警要員の上陸、次いで海警と日本の海上保安庁・警察の衝突、そして海警防護のための軍の出動および尖閣占領、と行動をエスカレートさせるだろう。更にその間、自国の行動を正当化するため三戦(世論戦、心理戦、法律戦)を繰り広げるであろう。

米国防総省は9月1日の中国軍事力に関する報告書において、中国海軍の艦艇数は既に米海軍を凌駕したと述べている。このまま米中の軍事バランスが中国有利に推移していけば、中国による尖閣領有の既成事実化をあと何年阻止できるであろうか。

今や日本は、第1段階として尖閣周辺の海洋・環境調査や尖閣における日米共同射爆撃訓練、第2段階として尖閣での恒久的な施設(海洋調査設備、航行安全設備等)の設置により、実効支配を明確にすべきぎりぎりの時点にあるのではないか。平成22年、海保巡視船に衝突した中国漁船船長の逮捕を巡り、中国からレアアース輸出停止や日本企業駐在員拘束などの報復があった。日本が行動を起こせば、当時以上の報復があることは確実であり、日本政府として事態収拾までのプラン(出口戦略)を持っておくことが必須である。

「懸念」の段階は過ぎた

河野太郎防衛相は9日、米戦略国際問題研究所のオンライン討論において「中国は日本にとって安全保障上の脅威となった」と語ったが、政府は今年の防衛白書で、中国について「懸念」との表現にとどめている。コロナ禍で示された中国共産党独裁体制の情報隠蔽体質、香港弾圧で示された強権体質を併せ見れば、「中国は我が国安全保障上の脅威」と位置付ける国家安全保障戦略の策定が急務である。(2020.09.14 国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

著者略歴

岩田清文

https://hanada-plus.jp/articles/262

1957年生まれ。79年に防衛大学校卒業後、陸上自衛隊に入隊。戦車部隊勤務を経て、93年、米陸軍指揮幕僚大学へ留学。2010年、陸将、第7師団長。11年、統合幕僚副長。12年、北部方面総監。13年、第34代陸上幕僚長と歴任し、16年に退官。

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

関連する投稿


空しく響いた「団結」の呼び掛け|田久保忠衛

空しく響いた「団結」の呼び掛け|田久保忠衛

バイデン米大統領の就任演説にはいささかうんざりした。トランプ前大統領に票を投じた7400万人の神経を逆なでし、非民主主義的行動を挑発し、対立を呼び戻さないだろうか。米国は南北戦争以来の深刻な対立を秘めながら前進しようとしている。


北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

政治局員候補から外れ、党の第1副部長からただの副部長に降格された金与正氏。与正氏は、金正恩氏の総書記就任は時期尚早と反対したとされる――いま北朝鮮で何が起きているのか。「日朝首脳会談を検討」との情報も!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


最新の投稿


月刊『Hanada』2021年3月残雪号

月刊『Hanada』2021年3月残雪号

本当の悪者は誰なのか。菅総理か、トランプ前大統領か、習近平独裁の中国か、“コロナ脳”に感染したマスコミか、アホでマヌケな野党か――。288ページの大ボリュームで、日本を分断する「病」に迫る!韓国慰安婦判決の真相、NHK捏造疑惑、爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「ありがとう嵐、また会う日まで」など3月号も永久保存版!


空しく響いた「団結」の呼び掛け|田久保忠衛

空しく響いた「団結」の呼び掛け|田久保忠衛

バイデン米大統領の就任演説にはいささかうんざりした。トランプ前大統領に票を投じた7400万人の神経を逆なでし、非民主主義的行動を挑発し、対立を呼び戻さないだろうか。米国は南北戦争以来の深刻な対立を秘めながら前進しようとしている。


北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

政治局員候補から外れ、党の第1副部長からただの副部長に降格された金与正氏。与正氏は、金正恩氏の総書記就任は時期尚早と反対したとされる――いま北朝鮮で何が起きているのか。「日朝首脳会談を検討」との情報も!


バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

どの色に染まるか分からない「カメレオン左翼」カマラ・ハリス副大統領を筆頭に、警戒すべきジョン・ケリーや党官僚タイプのアントニー・ブリンケンなどバイデン政権の閣僚をいち早く「身体検査」することで見えてきた新政権の実像。


バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

「ジョーは過去40年間、ほとんどあらゆる主要な外交安保政策について判断を誤ってきた」オバマ政権で同僚だったロバート・ゲイツ元国防長官は回顧録にこう記している。バイデンの発言のあとに、そのとおりの行動が続くと考えてはならない。土壇場で梯子を外された場合を想定して、その収拾策も用意しておく必要がある。