これやこの名にし負う猫島・相島|瀬戸内みなみ

これやこの名にし負う猫島・相島|瀬戸内みなみ

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第1回


瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第1回

瀬戸内みなみの「猫は友だち」

猫はどこにでもいる、のだけれど

猫は珍しい動物ではない。むしろどこにでもいる、ありふれた生き物である。

それなのになぜ、ひとは猫を見かけると「あっ、猫だ!」と叫び、それが昼寝をしていたりじっと座っていたりでもしようものならほぼ間違いなくスマホを取り出し、真剣に写真を撮るのであろうか……?

これは私が、日本全国に点在する「猫島」と呼ばれる島々を訪ねるたびに、いつも浮かぶ疑問である。猫島というのは、徒歩で1周できるくらい小さくて、そこに住む人の数より猫の数の方が多いような島を指すことが多い。ただはっきりした定義があるわけではなく、お天気のよい休日なんかに、ふらっと出かけて猫と遊んだり写真を撮ったりしたいなーと思ったときに思い浮かべるような島を、おもにネット住民が勝手にそう呼んでいるだけのことである。

もっとも私も、そんな珍しくもない動物を見るために、もの好きにも日本全国あちこちに出かけてしまうのであるが。あそこにたくさん猫がいるよ、と聞くと、いそいそと。 

さて有名な猫島はいくつもあれど、なかでも私が特別だと思うのは、やっぱり相島(あいのしま)である。福岡県新宮町の沖合にあって、博多駅からも割に交通の便が良い。

「猫ちゃん、抱っこできたー! かわいいー!」

ああやはり今日も、親に連れられて来た子どもが飛び跳ねてはしゃいでいる。年の頃5、6歳だろうか。でも坊っちゃん。あなたの住む町にも間違いなく猫がいるでしょう、たぶんノラ猫も……。

いやもちろん、そういう問題ではない。もしかすると、人間以外の動物が自分と同じ空間にいるのを見ることで、ひとは孤独を癒されてホッとするのかもしれない。ましてやその動物たちが、自分を恐れず、猫じゃらしで一緒に遊んでくれ、たまには抱っこさえもさせてくれるのだとしたら。私も自宅で複数の(数は秘匿)猫を飼育しているのにも関わらず、よその猫を見に出かけていくのだから、まったくひとのことは言えない。

関連する投稿


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

ここ数年、全国各地で人々の分断を煽るような過激な行動を取る勢力が顕在化している。東京五輪の反対運動、沖縄の基地反対運動は、はたして本当に国民の「声」なのか。我々は、メディアが民主主義を破壊する活動に加担しようとしている事実をしっかりと認識しなくてはならない。


菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

米国を取るのか、中国を取るのか。米国は、企業のみならず各国に対しても厳しい姿勢で臨んでいる。日本はアジア太平洋のリーダーとして米国より先に、北京五輪への「外交的ボイコット」を表明すべきだった――。本音で語れる政治家、和田政宗議員がこの1年の日本外交と重要課題を振り返る!


武蔵野市条例案否決!「ヘイト」と断定した神奈川新聞の捏造報道|和田政宗

武蔵野市条例案否決!「ヘイト」と断定した神奈川新聞の捏造報道|和田政宗

12月21日、数々の問題点が指摘されていた武蔵野市の住民投票条例案が否決された。政治活動を力で潰そうとした勢力に対する民主主義の勝利と言えるが、神奈川新聞の石橋学編集委員による捏造記事、毎日新聞の後藤由耶記者による脅迫的取材は、絶対に許されることではない!(サムネイルは松下玲子市長のTwitterより)


最新の投稿


河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんが睡眠薬を飲んで、救急車で運ばれたと聞いて暗澹たる気持ちになった。あんりさんとは昨日午前中に電話で話をしたばかりだった――。


英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

1月14日、BBCは「英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した」と報道。ロンドンの中国大使館は「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とMI5を非難。中国が否定することは目に見えていたが、実際、中国の「魔の手」はどこまで伸びているのか。日・米・欧での「浸透工作」の全体像を初解明した『見えない手』より、英国での「浸透工作」の一部を特別公開!


日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

今回の協定締結により、日豪相互の大部隊展開が円滑に行われるようになったことで、両国は同盟関係に一層近づいたと言える。それは台湾有事への備えにもなるだろう。


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」!