これやこの名にし負う猫島・相島|瀬戸内みなみ

これやこの名にし負う猫島・相島|瀬戸内みなみ

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第1回


瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第1回

瀬戸内みなみの「猫は友だち」

猫はどこにでもいる、のだけれど

猫は珍しい動物ではない。むしろどこにでもいる、ありふれた生き物である。

それなのになぜ、ひとは猫を見かけると「あっ、猫だ!」と叫び、それが昼寝をしていたりじっと座っていたりでもしようものならほぼ間違いなくスマホを取り出し、真剣に写真を撮るのであろうか……?

これは私が、日本全国に点在する「猫島」と呼ばれる島々を訪ねるたびに、いつも浮かぶ疑問である。猫島というのは、徒歩で1周できるくらい小さくて、そこに住む人の数より猫の数の方が多いような島を指すことが多い。ただはっきりした定義があるわけではなく、お天気のよい休日なんかに、ふらっと出かけて猫と遊んだり写真を撮ったりしたいなーと思ったときに思い浮かべるような島を、おもにネット住民が勝手にそう呼んでいるだけのことである。

もっとも私も、そんな珍しくもない動物を見るために、もの好きにも日本全国あちこちに出かけてしまうのであるが。あそこにたくさん猫がいるよ、と聞くと、いそいそと。 

さて有名な猫島はいくつもあれど、なかでも私が特別だと思うのは、やっぱり相島(あいのしま)である。福岡県新宮町の沖合にあって、博多駅からも割に交通の便が良い。

「猫ちゃん、抱っこできたー! かわいいー!」

ああやはり今日も、親に連れられて来た子どもが飛び跳ねてはしゃいでいる。年の頃5、6歳だろうか。でも坊っちゃん。あなたの住む町にも間違いなく猫がいるでしょう、たぶんノラ猫も……。

いやもちろん、そういう問題ではない。もしかすると、人間以外の動物が自分と同じ空間にいるのを見ることで、ひとは孤独を癒されてホッとするのかもしれない。ましてやその動物たちが、自分を恐れず、猫じゃらしで一緒に遊んでくれ、たまには抱っこさえもさせてくれるのだとしたら。私も自宅で複数の(数は秘匿)猫を飼育しているのにも関わらず、よその猫を見に出かけていくのだから、まったくひとのことは言えない。

関連する投稿


オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。オンラインサロンとオンライン身の上相談、どちらの方がマシでしょう?


花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、WEB連載!花田家のねこをほぼ「毎日」、紹介いたします。第14回は美人姉妹、MOMOとKOKO。愛くるしい見た目とは裏腹に、MOMOはいま……。


なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

バイデン政権が掲げる国際協調、国際機関重視が、台湾をいかなる場合でも排除しようとする北京の策動を黙認することを意味するなら、独裁体制との戦いという時代の要請に逆行する。


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!