【今週のサンモニ】売り物は過激な平和主義|藤原かずえ

【今週のサンモニ】売り物は過激な平和主義|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。さて今週は……。


政府批判のために対立構造を作りだす

今週の『サンデーモーニング』は、東アジアをめぐる対立構造を不合理に評価した上で、脈絡もなく日本政府にイチャモンを付けました。

外交を行なえば、セキュリティ問題が解決すると盲信しているコメンテーターのお花畑な共通認識には呆れるほかありません。詳しく見て行きましょう。

サンモニ・アナウンサー:今回ロシアから北朝鮮を訪問したのはショイグ国防相です。ソ連崩壊後にロシアの国防省が北朝鮮を訪問するのは初めてのことです。武器弾薬などの軍事的支援を北朝鮮側に求めた可能性が取りざたされています。

また、ロシア軍は28日から中国軍とともに太平洋での合同パトロールを開始、軍事的連携をアピールして欧米を牽制しています。さらにアフリカ諸国の大統領をロシアに招き、首脳会議(ロシア・アフリカ会議)を開催、食糧援助を表明し、取り込みを図っています。

ただ、前回の会議と比べますと首脳の出席は43カ国から17カ国へと大幅に減っていて求心力の低下も伺えます。また、南アやエジプトなど7カ国の首脳らはウクライナを訪問してゼレンスキー大統領と面会するなど、ロシアとの距離感でバランスを取っています。

関口宏氏:世界が大きく二分化されて対立構造がどんどん激しくなっている気がします。

藪中三十二氏:その通りだと思います。

藪中三十二氏

普通の国語力をもってアナウンサーの説明を解釈すれば、世界が大きく二分化されるのではなく、ロシアが貧困国の北朝鮮にすがるほどにどんどん没落して、アフリカ諸国にも相手にされなくなってきているというのが正解かと思います。

過激な平和主義を売り物にする番組としては「軍事に加担して外交しない日本政府」を批判するというのがオキマリの流れであり、そのためには対立構造が存在することが大前提となるのです。次の藪中氏のコメントを見ればそれがわかります。

関連する投稿


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】社会を説教するが具体策は何もなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】社会を説教するが具体策は何もなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】「サンモニ」の”恐喝”方法|藤原かずえ

【今週のサンモニ】「サンモニ」の”恐喝”方法|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉