月刊『Hanada』2021年11月秋冷号

月刊『Hanada』2021年11月秋冷号

「高市早苗独占手記」をはじめ、総力大特集「安倍・高市は本気だ!」、総力特集 「アフガン崩壊は日本の危機!」、特集「ありがとう、菅総理!」、岸信夫防衛大臣インタビュー(聞き手・有本香)、「台湾・尖閣徹底大討論」、特別対談「横尾忠則×みうらじゅん」など11月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


Getty logo

□高市早苗「サッチャーになれるか」

【大反響連載!】

□佐藤優【猫はなんでも知っている】▶首相機関が解体し、混乱が始まる
□平川祐弘【一比較研究者の自伝】▶芳賀徹
□深谷隆司【一言九鼎】▶地盤、看板、鞄なし 政治家への道(前編)
□福島香織【現代中国残酷物語】▶封殺された趙薇、三角帽をかぶせられるスターたち

□【私のらくらく健康法】平野レミ▶和田誠さんが作った鼻歌を歌う(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶“コロナ不眠"に陥ったら
□白澤卓二【ボケない食事】▶緑茶
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶痛みと痒みの違い

□加地伸行【一定不易】
□石平【知己知彼】▶中国人の「日本観」の変遷(中)
□山際澄夫【左折禁止!】▶ 日本の「アフガン敗戦」
□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶アフガン撤退で日米の大失態
□久保弾【世界の常識を疑え】▶9・11で米国が失ったもの

□蛭゛芸子【電脳三面記事】▶やり直せるのはいいことだけど
□河村真木【世界の雑誌から】▶第123回

□堤堯の今月この一冊▶中村聡一『教養としてのギリシャ・ローマ』
□西川清史の今月この一冊▶山舩晃太郎『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』
□谷口智彦の今月この一冊▶岩田規久男『「日本型格差社会」からの脱却』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶NTT代理店に関する不快な話

□秋山登の今月この一本+セレクション▶『コレクティブ 国家の噓』+6本
□高野ひろし【イカの筋肉】▶第447号

□高田文夫【月刊Takada】▶上方落語ってどんなんかなぁ~
□村西とおる【人生相談「人間だもの」】▶「尿もれ」
□爆笑問題【日本原論】▶普通のおじさんに戻ります

□読者から
□編集部から、編集長から

※休載
□西村眞【日本人、最期のことば】
□室谷克実【隣国のかたち】
□重村智計【朝鮮半島通信】
□みうらじゅん【シンボルズ】
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】

関連する投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

岸田首相の改憲への熱意は、改憲を望む人々にとっては勇気づけられる思いだろう。ただし、首相の率いる自民党派閥の宏池会が改憲に積極的かどうか疑問を呈しないわけにはいかない。


「2021年11月号」新聞広告大公開!

「2021年11月号」新聞広告大公開!

「小石河連合」はなぜ不発に終わったのか。自民党総裁選、アフガニスタン、新型コロナなどマスメディアが作り上げた「虚像」を斬る!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


9・11と中国共産党|田村秀男

9・11と中国共産党|田村秀男

20年前の9月といえば、すぐに思い浮かぶのは9・11だ。 しかし、時を同じくして、日本も大きな帰路に立っていた。 9・11の前日に起こっていた米国と中国の動きとは――。


岸田文雄氏の総裁選出が“理にかなっている”ワケ|八幡和郎

岸田文雄氏の総裁選出が“理にかなっている”ワケ|八幡和郎

注目を集めた自民党総裁選は、岸田文雄氏の勝利で決着がついた。 八幡和郎氏は以前から、岸田氏の外交力を高く評価。また、過去の寄稿で、河野太郎氏や高市早苗氏、野田聖子氏らを的確に分析している。改めて、2020年9月号の記事を掲載!


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)