人工湖の猫たち

人工湖の猫たち

カメラマン・佐藤英明の「野良猫放浪記」


2018.6.21@埼玉:彩湖

埼玉県戸田市に、彩湖という人工湖がある。オリンピックのボート競技池の候補になったところだ。広い公園で釣り堀もある。

ここにも捨て猫なのか、野良猫が。

この場所に自転車に乗って、猫に会いに来る女性がいる。

釣り堀や駐車場、畑やテニスコート等、猫の縄張りを把握していて、1箇所ずつ回っている。

ここの猫たちは結構警戒心が強く、その女性が来る時にしか、表に出て来ないのだ。

でも気長に待っていると、こんなくつろいだ表情も見せてくれる。

↑ 本誌広告掲載! 本間獣医がおすすめする

猫の症状に合わせた、猫のためのプレミアムフード

著者略歴

佐藤英明

神奈川県警で警察官として勤務の後、カメラマンを目指し六本木でアシスタントとして修業し、独立。『エンマ』『週刊文春』や映画宣伝カメラマンとして撮影を担当し、現在に至る。月刊『Hanada』では佐藤優さんの連載「猫は何でも知っている」の猫写真を担当するほか、対談写真を撮影。


関連する投稿


北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


農園「はなあふ」の猫

農園「はなあふ」の猫

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第7回


愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト

愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第6回


羊の皮をかぶった財務省を女子高生が論破!

羊の皮をかぶった財務省を女子高生が論破!

【消費増税反対botちゃん】


著者インタビュー

著者インタビュー

残間里江子


最新の投稿


「2019年11月号」新聞広告大公開!

「2019年11月号」新聞広告大公開!

2号続けて完売御礼!大増刷出来!自暴自棄、自失、自爆の文在寅!


月刊『Hanada』2019年11月号

月刊『Hanada』2019年11月号

10月号に続いて11月号も完売御礼!大増刷出来!


北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

1964年から73年までベトナム戦争に出兵した約32万人の韓国軍兵士たちが、12歳の少女を含む数千人のベトナム人女性を強姦し、5,000人から30,000人の混血児が生まれた――韓国が、文在寅大統領が、今もひた隠す戦争犯罪に対して国際社会が遂に怒りの声を上げ始めた。日本では報じられない歴史戦の最前線を徹底レポート!


「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」初の実体験レポート!月刊『Hanada』2019年10月号(完売御礼!)に掲載され、大反響を呼んだ門田隆将氏のルポを特別に全文公開!本日の午後、「表現の不自由展・その後」が再開されましたが、門田隆将氏のルポは8月3日、つまりは中止になる前日の模様を描いた希少な体験記です。