森友問題、朝日新聞のミスリードに騙されるな!

森友問題、朝日新聞のミスリードに騙されるな!

編集部


2017年2月に勃発し、実に1年4カ月にもわたってくすぶり続けてきた森友学園問題。

財務省が詳細な交渉記録を公開し、改竄に至った経緯までを明らかにした。

しかしいまだに朝日新聞や野党は「問題の焦点は安倍夫妻(特に昭恵夫人)の影響があったのではないかという点だ」と言い続けている。

朝日新聞や野党のストーリーは、「森友学園と財務省が交渉中の2014年4月28日に、森友学園理事長(当時)の籠池泰典氏が昭恵氏との写真を提示したことで交渉がスムーズに進んだ」というものだ。

だがこのストーリーは、交渉における他の重大な要素、たとえば森友学園の大阪府に対する小学校設置認可手続きなどを意図的に排除したものではないだろうか。

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史 (月刊Hanadaセレクション)』では、森友学園問題の年表を掲載(ただし2018年3月28日時点で判明していた内容)。朝日新聞が強調したいストーリーに合わせて、時系列までも恣意的に「編集」していることを指摘。

さらに、櫻井よしこ氏、有本香氏、小川栄太郎氏、阿比留瑠比氏など、豪華執筆陣が朝日新聞の欺瞞を暴く。

これだけの事実が明らかになり、安倍総理夫妻の関与を示す直接的な根拠がないにもかかわらず、「疑惑は晴れていない」という朝日新聞。その欺瞞を指摘する『財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史 (月刊Hanadaセレクション)』を、いま改めてお読みいただきたい。

著者略歴

編集部


関連する投稿



朝日新聞はなお、日本国民の声に背を向けるのか

朝日新聞はなお、日本国民の声に背を向けるのか

ケント・ギルバート×山岡鉄秀



国谷キャスターが語る「 NHK の公平性」――高橋源一郎編『憲法が変わるかもしれな い社会』

国谷キャスターが語る「 NHK の公平性」――高橋源一郎編『憲法が変わるかもしれな い社会』

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」


「宇宙戦艦ヤマト」朝日のフェイク報道

「宇宙戦艦ヤマト」朝日のフェイク報道

豊田有恒


最新の投稿


「2019年11月号」新聞広告大公開!

「2019年11月号」新聞広告大公開!

2号続けて完売御礼!大増刷出来!自暴自棄、自失、自爆の文在寅!


月刊『Hanada』2019年11月号

月刊『Hanada』2019年11月号

10月号に続いて11月号も完売御礼!大増刷出来!


北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

1964年から73年までベトナム戦争に出兵した約32万人の韓国軍兵士たちが、12歳の少女を含む数千人のベトナム人女性を強姦し、5,000人から30,000人の混血児が生まれた――韓国が、文在寅大統領が、今もひた隠す戦争犯罪に対して国際社会が遂に怒りの声を上げ始めた。日本では報じられない歴史戦の最前線を徹底レポート!


「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」初の実体験レポート!月刊『Hanada』2019年10月号(完売御礼!)に掲載され、大反響を呼んだ門田隆将氏のルポを特別に全文公開!本日の午後、「表現の不自由展・その後」が再開されましたが、門田隆将氏のルポは8月3日、つまりは中止になる前日の模様を描いた希少な体験記です。