ウクライナは明日の日本~戦国武将から読み解く明日へのヒント~|和田政宗

ウクライナは明日の日本~戦国武将から読み解く明日へのヒント~|和田政宗

ウクライナは、「専守防衛」「非核三原則」の平和主義で、ロシアの全面侵略を受けた。では、日本はどうすれば平和を守れるか、過去どのように平和を守ってきたか。安土桃山時代から江戸時代初期の日本に明日へのヒントがある――。


忘れられた国防力と外交力

(写真/「支倉常長像」仙台市博物館所蔵)

この外交使節団に欧州列強は驚愕した。団長・支倉常長をはじめとするきらびやかな装束と洗練された立ち居振る舞い、そしてこのような立派な外交使節団を太平洋を渡し、ローマまで派遣したことに驚きを持って迎えられたのである。

さらに、この使節団が差し出した書状によって、その後の日本の命運も変わることになる。それは書状の差出人の部分にあるのだが、差出人は「奥州王 伊達政宗」となっていた。これによって、欧州列強はどう考えたか。

こんなに立派な外交使節団を派遣したのが、日本の一地域の王であるのかと。すなわち、日本は各地の王からなる連合国家で、それを将軍が束ね、その上に天皇陛下がおられると。これだけ強大な国家は打ち負かすことが出来ないと考えたのである。

結局、慶長遣欧使節は、スペインに太平洋貿易を認めさせることはできなかったが、欧州列強からは「日本は世界の七大帝国のひとつ」と認識されるようになった。

これによって日本は幕末まで平和な世を保つことが出来たのである。しかし、日本は何によって平和がもたらされているかを次第に忘れ、軍事力、国防力の近代化を怠った。それが幕末の黒船来航、不平等条約の締結につながっていく。

今の日本の状況と幕末の状況は似てはいないだろうか。

しっかりとした国防力があることが自らの平和を保ち、外交力の駆使につながるのに、それを忘れてはいないか。そして、その外交力は、日本を守ることにつながり、絶対に侵略できない強い国家であると各国が認識すれば、世界の紛争の和平の仲介もできる。

自らの国を守ることに不安定な国が、緊迫する世界においてリーダーシップを発揮することはできない。日本はしっかり目覚めるべきである。

月刊『Hanada』2022年6月号

「嘘の新聞」と「煽るテレビ」 Kindle版

最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!