ウクライナは明日の日本~戦国武将から読み解く明日へのヒント~|和田政宗

ウクライナは明日の日本~戦国武将から読み解く明日へのヒント~|和田政宗

ウクライナは、「専守防衛」「非核三原則」の平和主義で、ロシアの全面侵略を受けた。では、日本はどうすれば平和を守れるか、過去どのように平和を守ってきたか。安土桃山時代から江戸時代初期の日本に明日へのヒントがある――。


“平和憲法”では国は守れない!

自民党安全保障調査会は4月21日、敵基地攻撃能力の保有、防衛費を5年でGDP比2%まで引き上げる政府への提言案をまとめた。抑止力を高め、我が国の平和を守るために重要な提言であり、政府の着実な実行が求められる。

ウクライナは、「専守防衛」「非核三原則」の平和主義で、ロシアの全面侵略を受けた。日本は国土と国民を守るために何が必要か、これまでの考えを改め、ゼロベースで国防を考え、今こそ必要な体制整備と憲法改正を行うことが重要である。

日本は「“平和憲法”によって平和が守られてきた」と主張する人がいるが、そうではないと、ロシアのウクライナ侵略で、改めて日本国民の多くは実感したであろう。

では、日本はどうすれば平和を守れるか、過去どのように平和を守ってきたか。それは安土桃山時代から江戸時代初期の日本にヒントがあり、参考にすべきであると私は考える。

当時、アジアにおいてはスペインやオランダ、ポルトガルといった欧州列強が進出し、宣教師によるキリスト教の布教、商人による貿易が行われた。アジア諸国は、欧州列強の狙いはこうした活動を起点とする植民地化にあると危惧し、宣教師や商人を自国から追い出し鎖国することを企図したが、逆に欧州列強の圧倒的な軍事力により占領され植民地化された。

こうした宣教師や商人の活動とその危惧は日本においても同じであった。そこで江戸幕府はキリスト教を禁教とし、貿易は長崎県の出島などでオランダと中国の2国のみと限定することとした。これに対し欧州列強は、他のアジア諸国と違い、日本の鎖国を認めた。

さらに、貿易国から外されたポルトガルは、日本との貿易再開を目指し1640年に使節団を長崎に派遣したが、70人余りの使者は大半が処刑された。ポルトガルにとって日本に対する開戦の絶好のきっかけを得たわけだが、そのままポルトガルは引き下がった。

豊臣秀吉と伊達政宗の外交力

Getty logo

アジア諸国と日本の違いは何だったのか。

それは、日本が圧倒的な軍事力、国防力を誇っていたというところにある。当時の日本は、世界最多の鉄砲保有国であり、高度に訓練され実戦経験も豊富な武士がいた。日本を攻めても無駄だ、逆に反撃に遭えばアジアにある植民地が危機に瀕すると欧州列強は考えたのである。

こうして日本の鎖国は完成した。「日本は弱いから鎖国をした」のではなく、「日本は強かったから鎖国ができた」のである。

当時の日本は外交カードも上手に使った。たとえば豊臣秀吉は朝鮮出兵にあたり、スペインの植民地であったフィリピンのマニラ総督に「降伏せよ」との書状を送った。マニラ総督は、秀吉に攻め込まれれば危機と考え、スペイン本国に援軍要請とともに情報を伝えた。

こうして秀吉は朝鮮出兵にあたり、スペインを牽制し南方からの動きを止めたうえで、朝鮮を攻め、中国に攻め込もうと考えたのである。

さらに、鎖国の完成とその後の日本の平和に大きく寄与したのが、仙台藩主・伊達政宗公が派遣した外交使節団「慶長遣欧使節」である。この使節団がどういう経緯で派遣されたかであるが、1611年に起きた「慶長奥州津波」をきっかけとする。

東日本大震災の400年前に起きた「慶長奥州津波」は、東日本大震災と同等かそれ以上の津波規模であったと推定されている。この津波により仙台藩は大きな被害をこうむり、その復興事業として、スペインの植民地であったメキシコとの太平洋貿易を行おうと伊達政宗公は考えたのである。

そして、わずか2年で西洋式の大船を作り、当時、北米大陸から太平洋を渡ってアジアまでやって来た船が数隻しかないなかで、逆にアジア側から太平洋を渡り、北米大陸に船で外交使節団を送ったのである。その後、使節団はメキシコからスペイン船に乗り換え欧州に上陸し、スペイン国王、ローマ教皇に謁見し、貿易の許可を求めた。

最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!