韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

ハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアの隠蔽工作が限界に達したことを示している。


日本の反日左派メディア、朝日新聞が作り出した慰安婦問題

「徴用工問題の虚偽」同様「慰安婦問題の嘘」もすべて日本発である。しかし、徴用工問題であろうが慰安婦問題であろうが、いずれも「嘘」という事実自体を知る韓国国民は珍しい。「反日種族主義」に覆われた韓国政府と韓国メディアがこれを隠すためだ。

しかし、最近のハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアのこのような隠蔽工作が限界に達したことを示す兆候だ。日本・米国学界の一群では早い時期から「強制連行説」と「性奴隷説」を中核とする慰安婦問題は虚偽だったという圧倒的合意が形成されている。

何を根拠に? どのような資料で? これまで韓国国民だけ知ることのなかった根拠と資料がようやく順次公開される。この度刊行された西岡力教授の『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

西岡力教授著『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

1.朝日新聞の「慰安婦報道」に対する独立検証委員会報告書

慰安婦問題は、実は日本の反日新聞である朝日新聞が企画した「92年1月強制連行プロパガンダ」によってもたらされたものである。朝日新聞は「加害者」(吉田清治)」、「被害者」(金学順)の経歴等を操作し、あたかも日本軍による慰安婦強制連行があったかの如く日韓両国民を洗脳してきた。
朝日新聞は約20年が過ぎた2014年にようやく、過去の自社による慰安婦報道問題を撤回し謝罪した。

しかし実はこのような認定、謝罪すらもう一つの操作であったのだ。西岡力教授をはじめとする日本の批判的知識人たちは独立検証委員会を組織し、朝日新聞の世紀をまたいだ操作報道問題を一つひとつ検証する報告書「朝日新聞の『慰安婦報道』の独立検証委員会報告書」を発表した。報告書は、日本語の原文でA4用紙120頁にも及ぶ膨大な分量である。

慰安婦問題百科事典ともいえるこの報告書を読んでも慰安婦問題の真実に気付かないとするならば、本当に知性と良心がない人だと言うより他ない。

最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)