韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

ハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアの隠蔽工作が限界に達したことを示している。


日本の反日左派メディア、朝日新聞が作り出した慰安婦問題

「徴用工問題の虚偽」同様「慰安婦問題の嘘」もすべて日本発である。しかし、徴用工問題であろうが慰安婦問題であろうが、いずれも「嘘」という事実自体を知る韓国国民は珍しい。「反日種族主義」に覆われた韓国政府と韓国メディアがこれを隠すためだ。

しかし、最近のハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアのこのような隠蔽工作が限界に達したことを示す兆候だ。日本・米国学界の一群では早い時期から「強制連行説」と「性奴隷説」を中核とする慰安婦問題は虚偽だったという圧倒的合意が形成されている。

何を根拠に? どのような資料で? これまで韓国国民だけ知ることのなかった根拠と資料がようやく順次公開される。この度刊行された西岡力教授の『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

西岡力教授著『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

1.朝日新聞の「慰安婦報道」に対する独立検証委員会報告書

慰安婦問題は、実は日本の反日新聞である朝日新聞が企画した「92年1月強制連行プロパガンダ」によってもたらされたものである。朝日新聞は「加害者」(吉田清治)」、「被害者」(金学順)の経歴等を操作し、あたかも日本軍による慰安婦強制連行があったかの如く日韓両国民を洗脳してきた。
朝日新聞は約20年が過ぎた2014年にようやく、過去の自社による慰安婦報道問題を撤回し謝罪した。

しかし実はこのような認定、謝罪すらもう一つの操作であったのだ。西岡力教授をはじめとする日本の批判的知識人たちは独立検証委員会を組織し、朝日新聞の世紀をまたいだ操作報道問題を一つひとつ検証する報告書「朝日新聞の『慰安婦報道』の独立検証委員会報告書」を発表した。報告書は、日本語の原文でA4用紙120頁にも及ぶ膨大な分量である。

慰安婦問題百科事典ともいえるこの報告書を読んでも慰安婦問題の真実に気付かないとするならば、本当に知性と良心がない人だと言うより他ない。

最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!