韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

韓国政府とマスコミの隠蔽工作はもう限界だ|韓国メディアウォッチ

ハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアの隠蔽工作が限界に達したことを示している。


日本の反日左派メディア、朝日新聞が作り出した慰安婦問題

「徴用工問題の虚偽」同様「慰安婦問題の嘘」もすべて日本発である。しかし、徴用工問題であろうが慰安婦問題であろうが、いずれも「嘘」という事実自体を知る韓国国民は珍しい。「反日種族主義」に覆われた韓国政府と韓国メディアがこれを隠すためだ。

しかし、最近のハーバード大学ラムザイヤー教授の慰安婦論文騒動は、韓国政府と韓国メディアのこのような隠蔽工作が限界に達したことを示す兆候だ。日本・米国学界の一群では早い時期から「強制連行説」と「性奴隷説」を中核とする慰安婦問題は虚偽だったという圧倒的合意が形成されている。

何を根拠に? どのような資料で? これまで韓国国民だけ知ることのなかった根拠と資料がようやく順次公開される。この度刊行された西岡力教授の『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

西岡力教授著『【資料集】韓国政府とメディアが言わない慰安婦問題の真実』は、日本の朝日新聞の捏造報道の追及を中心に、この慰安婦問題の”起源”を明らかにしている。

1.朝日新聞の「慰安婦報道」に対する独立検証委員会報告書

慰安婦問題は、実は日本の反日新聞である朝日新聞が企画した「92年1月強制連行プロパガンダ」によってもたらされたものである。朝日新聞は「加害者」(吉田清治)」、「被害者」(金学順)の経歴等を操作し、あたかも日本軍による慰安婦強制連行があったかの如く日韓両国民を洗脳してきた。
朝日新聞は約20年が過ぎた2014年にようやく、過去の自社による慰安婦報道問題を撤回し謝罪した。

しかし実はこのような認定、謝罪すらもう一つの操作であったのだ。西岡力教授をはじめとする日本の批判的知識人たちは独立検証委員会を組織し、朝日新聞の世紀をまたいだ操作報道問題を一つひとつ検証する報告書「朝日新聞の『慰安婦報道』の独立検証委員会報告書」を発表した。報告書は、日本語の原文でA4用紙120頁にも及ぶ膨大な分量である。

慰安婦問題百科事典ともいえるこの報告書を読んでも慰安婦問題の真実に気付かないとするならば、本当に知性と良心がない人だと言うより他ない。

最新の投稿


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


中国経済「死に至る病」(上)

中国経済「死に至る病」(上)

中国経済は本当にV字回復しているのか?経済成長の内実を示すいくつかの数字を詳細に分析することで判明した中国経済の実像と不治の病。


被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

近代文明は、常に明るい未来を強迫観念的に展望し、過ぎ去った悲惨も犠牲となった死者も忘却へ押しやろうとしてきた。だが、一人一人のこころのうちから惨禍や死者の記憶を消すことはできない。


東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

「オリンピック出て行け」などと叫んでいる人たちを見ると、まるで鎖国していたころの尊皇攘夷派と一緒だという気がしてならない。 コロナ禍のいまだからこそ、人間の限界に挑戦する選手の活躍から勇気をもらうことが「夢の力」につながる。  


立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!