2022年7月号 お詫びと訂正

2022年7月号 お詫びと訂正

7月号「堤堯の今月この一冊」に間違いがありました。


7月号の「堤堯の今月この一冊」で、編集部のミスによる間違いがありましたので、訂正いたします。下記の太字部分が該当箇所になります。ご参照ください。

文意を損ねることになり、著者の堤堯氏ならびに読者の皆様にお詫びいたします。

申し訳ありませんでした。


誤) 〇八年八月八日、北京夏期五輪の開会式当日、プーチンはグルジアに侵攻した。その直後、米国務長官コンドリーザ・ライスがグルジアの首都トビリシを訪れ、大統領サーカシュヴィリに約束した。「西側諸国は必ず支援する」と。
 ↓
正) 〇八年八月八日、北京夏期五輪の開会式当日、プーチンはグルジアに侵攻した。その直前、米国務長官コンドリーザ・ライスがグルジアの首都トビリシを訪れ、大統領サーカシュヴィリに約束した。「西側諸国は必ず支援する」と。

関連するキーワード


お詫び 訂正

最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。