MENU

花田編集長の「プチ暴論」

麻生財務大臣はまったく正しい!

麻生副総理の「セクハラ罪なんてない」「週刊誌報道だけで『あった』と認定するのはいかがなものか」発言。まったく正しい。自分でスクープを発掘する能力もないから、「失言」を狙ってサービス精神旺盛な麻生副総理に何度も同じ質問をしてひっかけようとする記者たちの卑しさ。恥ずかしくないのか。

(画像:財務省HP)

バックナンバー

著者略歴

  1. 花田紀凱

    月刊『Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より現職。

閉じる