MENU

花田編集長の「プチ暴論」

参考人招致は時間のムダ!

柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致。野党に何の新材料もないのだからこういう結果になることは目に見えていた。時間のムダ。なのに朝日は社説で「『加計優遇』は明らかだ」。

柳瀬秘書官が加計には〈3度も時間を割くという異例の対応をする一方で、他の事業者には誰とも会っていない〉。「加計ありき」の疑いはさらに深まった、というのだが、柳瀬秘書官、加計学園が面会を求めたから会った、他の事業者は面会を求めなかったから会わなかったという話だろう。

バックナンバー

著者略歴

  1. 花田紀凱

    月刊『Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より現職。

閉じる