MENU

花田編集長の「プチ暴論」

テレビはダメだ!

たまたま日本テレビ「ミヤネ屋」を見ていたら、片山さつき問題を取り上げていた。

それはいいが、話は全部『週刊文春』記事のなぞり。

コメントに漫画を入れたパネルで事件の流れを説明するのだが、『文春』の記事以外、何も取材していない。

こんな安直なことをやってるからテレビはダメなのだ。

宮根誠司氏はキャスターとして恥ずかしくないのか。

バックナンバー

著者略歴

  1. 花田紀凱

    月刊『Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より現職。

閉じる