MENU

花田編集長の「プチ暴論」

月刊『文藝春秋』、相変わらずの安倍批判路線

編集長が代わった月刊『文藝春秋』、9月号のトップが石破茂氏の「安倍総理よ、命を懸けて私は闘う」。

相変わらずの安倍批判路線。これじゃ長期低落に歯止めはかかるまい。

石破氏も「命を懸けて闘」って、負けたらどうするんだ?

 

まもなく発売!『安倍総理と日本を変える (月刊Hanadaセレクション)』、ご予約はお早めに。

バックナンバー

著者略歴

  1. 花田紀凱

    月刊『Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より現職。

閉じる