MENU

現場をゆく 門田隆将

歴史に残る日本人を描くノンフィクション作家・門田隆将が
現代を生きる「まったとうな日本人」に綴る。

著者略歴

  1. 門田隆将

    ノンフィクション作家 1958年、高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。週刊新潮編集部に配属され、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。週刊新潮時代は、特集班デスクとして18年間にわたり、800本近い特集記事を執筆。後世に残したい「素晴らしい日本人」をテーマに描く。著書多数。近著に『奇跡の歌~戦争と望郷とペギー葉山~』(小学館)、『汝、ふたつの故国に殉ず―台湾で「英雄」となったある日本人の物語』(角川書店)。オフィシャルサイト→http://www.kadotaryusho.com

閉じる